株式会社M3の製品をビジネスネットワークで流通する方法

株式会社M3の製品をビジネスネットワークで流通する方法

株式会社M3の製品は信用できそうですが、やっぱりビジネスネットワークという仕事のやり方が理解出来ません。
製品をある程度自分で買い込んで、それを自分の周りに売るってことでしょ?いくら良い商品だと分かっていても、うまく説明できる自信もないし、よくそれで友達を失ったりって話を聞くし、と弱気な質問をしたところ、それも今は違う売り方があるらしいのです。
なんとインターネットを使った売り方が今は主流だそうです。
通販のような感じなので、自信のある商品であれば固定客が付いてくれるし、わざわざ客のところへ出向くこともないので自宅のパソコン一台で出来てしまう、これが彼女の言う「在宅ワークに打ってつけ」だったというわけです。
しかもインターネットを使うことで、周りの友人や家族に迷惑を掛けることもないし、必要以上に自分で仕入れなければマイナスになることはほぼないそうです。
慎重派な私ですが、気持ちは既に傾いていました。
ママ友はそんな私の性格を知っているので、答えは急がないと言ってくれました。
今夜主人にも相談して、株式会社M3のサンプル品を試しながらゆっくり前向きに考えてみようと思っています。

addminz 2016年5月27日 Leave A Comment Permalink

株式会社M3のビジネス方法は主婦向け?

株式会社M3のビジネス方法は主婦向け?

残念ながら株式会社M3は在宅斡旋会社ではありませんでした。
ビジネスネットワークという事業のサービスを行っているそうです。
またしても初めて聞く言葉。
何のこっちゃい、という顔をした私にママ友は詳しく説明してくれました。
ネットワークビジネスとは、自分でまずビジネスの枠を構築し、その構築したネットワーク内で流通した分が自分の収入になる、という仕組みだそうです。
流通網を確保できれば、自動的に収入が得られるんだと、と。
えっ、それって噂のアレなんじゃないの!と不安を露わにしましたが、そこも説明してくれました。
確かに、化粧品や宗教セミナーへの参加とか、良くないイメージがあると思うけど、でもこの株式会社M3はそういうところとは違うの!製品自体に嘘がないから評判もいいんだよ、と鼻息を荒くして語ってくれました。
株式会社M3の製品が間違いないということは、そのママ友を通して本当なんだと思いました。
そのママ友は常に本物志向なので、ちょっとでも違うとかインチキだと思ったものには一切手を付けなくなるからです。

addminz 2016年5月27日 Leave A Comment Permalink

ママ友に勧められた株式会社M3という会社

ママ友に勧められた株式会社M3という会社

先日、息子が通う学校のママ友から「株式会社M3」という会社のことを教えてもらいました。
初めて聞く会社名ですし、名前からは何の事業をしている会社なのかも分かりません。
どうも、そのママ友は在宅で仕事をするのに打ってつけの会社だと、私と一緒にやりたいらしく、しきりに勧めてくるのです。
よく分からないながらも、そのママ友のことは好きなので話だけ聞くことにしました。
まず、どんな会社なのか?株式会社M3という会社は、「予防医学」と「健康」というコンセプトから、きちんと裏付けを取ってある成分だけを使用した製品を作っている会社だそうです。
健康志向が高まってきている昨今ですし、特に我々アラフォー世代にも気になるワードだったりします。
しかも、きちんと性能の裏付けが取れてるのであれば安心です。
でもそれがなぜ在宅ワークに打ってつけなのか?確かに、そのママ友も私も、下の子がまだ小さすぎて外に働きに出ることは不可能です。
株式会社M3の製品を購入する
この株式会社M3という会社は、製造以外に在宅ワーク斡旋事業までやっているのでしょうか?

addminz 2016年5月27日 Leave A Comment Permalink

風俗と交際クラブの違い

風俗と交際クラブの違い

世の中上手くいかないもので、若い頃は出会いも恋愛もするチャンスは多々ありましたが、その頃は私には時間もお金もそのような余裕がなく、バブル崩壊の煽りをくらい、会社と従業員を守るのに精一杯の日々でした。
今は、時間もお金も余裕がありますが、出会いのきっかけが減り、交際クラブに登録するようになりました。
交際クラブは商業的な側面もあり、通常の男女の交際のような形に発展するのは難しいかもしれません。
ただ、私くらいの年齢になると、通常の男女の交際をするにも気が引ける、というか気恥ずかしさもあり、このような商業的な側面があったほうが安心する、というのが本音です。
また、普通の風俗では、本当にその場の性欲処理な感じが強すぎてしまい、50歳を迎える私ももちろんまだまだ現役ではありますが、性欲を処理するためだけに風俗に行くよりも、交際クラブのように、男と女として出会い、会話などをした上で、行為に臨むほうが楽しいものです。

addminz 2016年5月27日 Leave A Comment Permalink

なぜ交際クラブに登録したか

なぜ交際クラブに登録したか

私がなぜ、交際クラブに登録をしようと思ったかをお話しようと思います。
私は、30歳までとある上場企業に大学卒業後、新卒として採用されて働いておりました。
その後、親が経営している会社の跡目として、転職をし、今は代表取締役社長と勤めております。
私の会社は、私の父が社長をしていた頃は、良く言えば手堅い商売、悪く言えば発展の少ない企業でした。
失敗は少ない分、大きな進展もなく来ていたため、私が入った頃には少しずつどん詰まりな雰囲気が出てきていましたが、経営が傾くという程ではなく、緩やかな下降傾向にある、という感じでした。
ただ、私は入ってしばらくすると、バブル崩壊と共に、世の中の景気の悪さに引きずられる形で、目に見える形での業績低下が加速していきました。
会社といっても、従業員200名程度の中小企業の規模であったのですが、バブル崩壊後はただただ会社と従業員を守るために、日々働く毎日で、恋愛する暇もなく、この歳になってしまい、今になって交際クラブに登録するということになったのです。

addminz 2016年5月27日 Leave A Comment Permalink

交際クラブに初めて登録

交際クラブに初めて登録

最近交際クラブというものに登録しています。
この年齢になると、なかなか女性と出会う機会が少なくなってきます。
若い頃は、様々な場面で男女が出会う機会は多く、例えば学校の同級生や先輩後輩。
社会人になれば、同僚や付き合いの幅が増えるにしたがって出会いの幅も広がっていきます。
50歳に迎えようとしている今では、同年代の女性は結婚されている方が多く、また独身者であっても一度は結婚を経験されたという方がほとんどです。
バツは付いているから駄目というつもりは毛頭なく、私くらいの年齢になると、逆に一度は結婚を経験していないとむしろその人に問題があるのでは、と思われてしまうこともあります。
交際クラブについて調べる
書く言う私は、一度も結婚経験がないため、そのような目で見られることがあります。
そのように見てくるのは同年代の人達なので、付き合いに煩わしさを感じることが良くあるのですが、交際クラブでは、若い女性の紹介も多いため、その点では気兼ねがないと言えます。

addminz 2016年5月27日 Leave A Comment Permalink

パンフレットと連携するホームページの制作も

パンフレットと連携するホームページの制作も

「ところで、商品の体験は展示会の時だけなのですか。
」と制作会社の人から質問された。
「展示会が終わってからも、東京・大阪で場所を借りて行う体験会と、希望により先方の会社に訪問することを考えています。
」と社長。
この商品には力入ってますからね。
すると「パンフレットだけでなく、ランディングページを使って、体験会の申し込みを受け付けてはいかがですか。
」との提案が。
「ランディングページって?」「今お持ちのホームページとは別に作成する、申し込みに特化したホームページの一種です。
フライヤーにQRコードをつけてリンクできるようにすれば、会場でスマホから申し込みすることもできますよ。
」そうか、フライヤー、詳細なパンフレット、それにランディングページを一体として準備すれば、案内の効果を高めることができるんだ。
社長も納得したようで「わかりました。
その形でいきましょう。
これまでに制作されたデザインの事例とかがあれば、見せて下さい。
」と乗り気だった。

addminz 2016年5月24日 Leave A Comment Permalink

パンフレットを急ぎで制作したい

パンフレットを急ぎで制作したい

「じゃあまかせたよ。
急ぎでパンフレット準備してくれ。
」「ちょっと社長。
そんな急に言われても。
」「とにかく来月の展示会に間に合わせてくれ。
メーカーに打ち合わせに行ってくるから。
」結局、押し付けられた。
ウチの会社はこれまで栄養補助食品の代理店をやっていたが、このたび自社製品として新発想の美顔機を開発、販売することになった。
念願の自社製品ということで、社長も力が入って、来月同業者の集まる大きな展示会に出品することにした。
そこで、パンフレットの制作が私に回ってきたというわけ。
どうすんの。
私、デザインなんてできないよ。
困っていてもしょうがないので、ウチで扱っている商品のメーカーで、一番感じの良いパンフレットを作っているメーカーに電話して、制作会社を教えてもらった。
さっそく連絡してみると、明日、打ち合わせに伺うので、製品の写真、入れたい言葉等の資料を事前に揃えておいて欲しいとのこと。
ほっとする間もなく、使えそうなネタ集めが始まった。
明日は社長にも同席してもらおう。

お客の動きを意識したパンフレットの制作とは

翌日、社長と一緒にパンフレットの制作会社の人とミーティングした。
「今回作成する資料を手渡すのはどういう人で、それを受け取った人に、どういう動きをしてもらいたいのですか。
」との質問に、社長は「商品を取り扱う代理店を募集したい。
そのためにパンフレットを見た人に、まず商品を体験してもらいたい。
」と伝えると、「ぱっと見て商品の内容が把握でき、その商品の体験にお誘いするための、一枚もののフライヤーと、体験して興味をもたれた方に詳しい内容を説明する、四ページ位のパンフレットの二段で準備された方が良いと思いますよ。
」という提案があった。
確かにお客の動きを意識して、それに合わせた資料を準備した方が、効果があるだろう。
社長が「両方必要ですね。
パンフレットを制作する
でも来月の展示会に間に合いますかね。
」と尋ねると、「商品の写真とお伝えしたいメッセージをいただければ、こちらでラフな原稿を制作します。
それを見ながら詳細をつめれば間に合いますよ。
」との頼もしい回答が。

addminz 2016年5月24日 Leave A Comment Permalink

ナレーションの仕事に就きたいと思ったら

ナレーションの仕事に就きたいと思ったら

声のお仕事をしたいと思っている人は多いと思いますが、実際ナレーションをする仕事に就くためにはどうすればいいのでしょうか。
ナレーターには資格が必要ないので、必要なスキルを専門学校で学んで、卒業後に仕事を始める人が多いようです。
専門学校はナレーターや声優、放送系など様々なタイプがあります。
最近では通信教育でも学べるようなので、学校が遠かったり、仕事を持っている場合にはこういったスタイルで勉強を始めることもできます。
毎日放送しているテレビ番組でも第一線で活躍しているナレーターの声がたくさん流れているので、ナレーターを志す人達にとっては貴重な教材と言えます。
ナレーターは実力勝負の世界なので、卒業した後も自分でオーディションを受けたり、事務所に売り込んだりといった努力が必要になります。
自分を表現して伝えることが出来るナレーションの仕事は非常に魅力的な仕事ですが、一方で番組に関係する知識を学んだり、スキルを高めるための努力も常に必要になります。

addminz 2016年5月18日 Leave A Comment Permalink

ナレーションって何をする仕事?

ナレーションって何をする仕事?

テレビを見ていると、番組の進行や商品の紹介などで頻繁に耳にするナレーションですが、ナレーターのお仕事とはどういうものなのか、ふと興味を持ったので調べてみました。
自分のお気に入りの番組を思い出してもらえば、ほぼナレーションがついているのではないでしょうか。
報道番組やバラエティ、ドラマに至るまで、ありとあらゆる番組になくてはならない存在がナレーターです。
改めて考えてみると思っていた以上に活躍の場が広いことが分かります。
報道番組では情報をしっかりと正確に伝え、バラエティ番組ではしっかりと場を盛り上げ進行する、こういったことを声の表現だけで行う、まさに声のエキスパートと言える人達なんですね。
表情や身振り手振りなしで、意図したことを正確に伝達するというのはかなり大変なことですし、特に報道番組では生放送でナレーションを入れるので仕事中は緊張の連続だそうです。
それでも自分の声が日本全国に届いて、聞いてくれている人がたくさんいるという思いがモチベーションにつながるので、非常にやりがいのあるお仕事でもあるそうです。

日常にもいかせるナレーションの技

ナレーターは声だけであらゆる気持ちを表現する伝達のプロです。
上手なナレーションのコツを学べば日常生活のコミュニケーションにもいかせるかもしれません。
私は普段一本調子の棒読み発声なので、よく「本当にそう思ってる?」とつっこみを受けてしまうことが多いです。
思ったことが率直に伝わらないので、毎回とってももどかしい。
ナレーターのような感情豊かな抑揚の効いた話し方が出来たらもっとコミュニケーションが楽しくなりそうです。
基本は腹式発声でお腹でしっかり声を支えることだそうです。
自分の発声を再現すると、確かにみぞおちから上辺り、喉にかけて意識が向いてしまってる感じがします。
抑揚は下からボールを投げるように優しく話始め、弧を描くように文章を話すのだそうです。
ナレーションが必要な映像について学ぶ
これはまったく出来てないです!第一声からはっきりと話さなきゃと思っていました。
日常生活でも意識して、ナレーションのような素敵な話し方が出来るように頑張りたいです!

addminz 2016年5月18日 Leave A Comment Permalink