衛生面も徹底しているハンナン

2016年9月7日 | コメントは受け付けていません。

衛生面も徹底しているハンナン

工場で食肉加工をしている際に気になるのが衛生面の管理です。
ハンナンではどの様にして管理をしているのでしょうか。
食品を取り扱う企業として細心の注意を払うのは当然としてボックスミートと呼ばれる原料肉は入荷時に必ず目視チェックを行い、加工場に設置してある検査室ではボックスミートから製品に至るまで生菌検査を徹底しています。
そして商品の出荷時には厳格な規格・基準に沿った商品のみを出荷をさせて頂きお客様の元へ届けているとの事です。
更に加工場では常に10度前後の温度に管理されており、機械の洗浄の際にも専用の洗剤のみを使用し入念な洗浄を心掛けています。
洗浄後に関しては人体に影響が無いといわれているオゾン水を使って加工場の消毒を行っているのです。
ハンナンではここまで徹底した管理体制があるからこそ、自社の製品は安全、安心な製品であると言えるのでしょう。
その徹底した管理体制に関しても写真付きで公開し、その自信を表しています。