世界と繋がる念仏宗

2016年9月28日 | コメントは受け付けていません。

世界と繋がる念仏宗

兵庫県に念仏宗の総本山があり、そこには多くの外国の仏教徒の方々も訪れるようです。
仏教発祥の地の指導者の方々や仏教信仰の熱い国の国王など、名立たる要人もこの総本山に参詣に訪れるそうです。
仏教最高指導者、タイの法王やカンボジアの国王の遺骨も総本山に祀られているそうで、重要な行事として参詣されるそうです。
また仏教の根本である経典や仏像を、各国の法王や国王から奉納され、安置しており、各国からの大きな信頼を感じます。
世界各国から仏教の指導者たちが集まる大規模な仏教の催しの運営とスポンサー協力を行っているようで、そのため世界の要人などとも交流がとても深いようです。
様々な国の催しなどにも念仏宗の訪問団が赴いたり、各国から大統領就任などの重要な式典などに招待されることもあるそうで、各国との絆のようなものを強く感じます。
宗教は時に争いを生み出すこともありますが、そればかりではなく、こうして様々な国と交流を持つことができ、信頼で繋がることもできる素晴らしいものなのだと思います。