ITに関する専門分野をアウトソーシングする

2016年11月25日 | コメントは受け付けていません。

ITに関する専門分野をアウトソーシングする

一般的な企業において、昨今のIT関連の進化は年々大きくなってきています。
その中でよく聞くITアウトソーシングとは、コンピューターやインターネットが発達した現代において各企業の管理プログラム作りや、パソコンやネット技術に関連した業務を外部委託する事です。
各企業の内部管理部門での総務・経理・人事などのデータ出入力業務やコールセンターなど人材が不足する部門を外部委託(アウトソーシング)する事を指し、人材不足やコスト削減のために外部委託するものです。
国内でのアウトソーシング先として、粉会社、関連会社、専門会社があります。
海外へのアウトソーシングでは9,11同時多発テロ以降、企業が一国での受注は危険性が高くなっているとして、現在ではインドへの受注が多く、アルゼンチン、ブラジル、東南アジアなど人件費の低いところへの受注も徐々に増えてきています。
IT関連の企業内部署において年々そのデータ管理やコンピューター処理の仕事量が増大し企業内でのIT関連専門の人材育成が間に合わず、コスト面から考えて外部委託する事が一般的になってきていると思います。

コスト面から見たITアウトソーシングのメリット

昨今の厳しい経済状態の中、コスト削減、人員削減を進める企業において、IT部門の廃止と業務をアウトソーシングする決断は少なからずあることです。
日々進化するIT関連のニーズの変化や、問題が発生した場合に備えて人材を配置する事はコスト面から見ても余裕が無ければ難しいものです。
ITアウトソーシングのメリットはまさにそこにあるともいえます。
しかしデメリットについても目を向けなければいけません。
経費について考えてみると、提携先企業との打ち合わせでの移動時間も経費として請求してきます。
また自社での仕事内容に精通していない委託先企業で、問題を早期に見つけ出し対処する事は自社社員とは異なり時間がかかるものだと思います。
専門知識の要るITでアウトソーシングしてもらう
これも経費として請求されると考えるとコスト面において再検討すべきではないかともいえますが、それを補ってあまりある成果もITアウトソーシングにより人件費の削減などの結果として数字として出てきます。
それこそが導入した場合のメリットとも言えると思います。