箸袋に季節感を印刷して表現します

2016年11月27日 | コメントは受け付けていません。

箸袋に季節感を印刷して表現します

リーズナブルな価格で召し上がっていただける日本食のお店を経営しています。
お客様の年齢層は、意外に若くて20代の方もたくさん来ていただいていますが、中心は30代後半から50代の女性です。
素材の中でも野菜は国産の物だけを使用して、輸入品は魚介類の一部だけです。
店内はレトロな日本家屋をイメージして雰囲気を出していて、昭和を感じる取り組みで、お客様の心をキャッチしていると思っています。
今度、お客様へのもてなしの一つとして、箸袋に季節感を演出する印刷を考えました。
日本の四季をうまく、箸袋に描き、この瞬間の季節をお料理だけでなく箸袋からも感じていただきたいと思っています。
よく利用する印刷物の製造会社の担当を呼び、相談していくつかのデザインを提案してもらいました。
紙を思い切って上質の物に変更したり、季節をイメージするパステルカラーをベースにしたりした物ができて来て、少し斬新さも感じましたが、アピール力はすごくあると思いました。
最終的には料理長から料理を引き立たせるものとして選んでもらい、四季で使い分けをする事で決定しました。
箸袋ばかりが目立っても困るのですが、季節を感じていただけるアイテムとして十分に意味はあると思っています。