貸店舗で起こりえるトラブル例

2016年11月27日 | コメントは受け付けていません。

貸店舗で起こりえるトラブル例

実際に合った貸店舗でのトラブル例をまとめて見ました。
収益に関する情報を正確に説明しない。
一つのビルに同じジャンルのテナントが入る形態は最近多くなっています。
ある不動産は、ある歯科医を勧誘して合意書を調印してしまいました。
内装工事の見積もりがスタートしたのですが、自分たち以外の他のテナントが決定する様子が全くありません。
ちょっと不安になった歯科医は内装工事を遅らせて、他のテナントの動向を見ることにしました。
不動産会社はキャンセルして欲しくないので、同じ医療関係から確約書を数件もっていると嘘の説明をしました。
頭に来た歯科医は入居をキャンセルして、不動産会社に損害賠償を請求しました。
請求は過失相殺として認めれてました。
こういった事例の場合の回避策は、虚偽説明されてしまうような怪しい会社を選ばないことです。
不動産会社の選びは重要です。
貸店舗を東京で探す
事前に貸店舗の調査を自分でやっておくことで回避できるトラブルと言えます。
人任せにすると失敗する悪い例ですね。