有名国際機関が高い英文添削能力で手掛ける各分野学術論文

2016年12月14日 | コメントは受け付けていません。

有名国際機関が高い英文添削能力で手掛ける各分野学術論文

「添削(てんさく)」とは、文章やレポートなどを書き加えたり、余分な部分を削除したりする作業ですが、日本語だけでなく英語の文章にも、これに当てはまる「英文添削」という作業があります。
近年はこの英文添削サービスが多くの世界的に有名な国際機関や企業で行われていたり、さらには英語に自信のある方向けの在宅ワークも存在しています。
国際機関は、世界中で約20万人近くが利用するほど絶大な信頼が寄せられている機関で、難解な学術翻訳や論文作成などを手掛けており、対応する分野は医学、工学、生命科学など多岐に渡っていますが、中でもとりわけ全国約600箇所以上の大学が作成、提出している学術論文に手掛けた英文添削は、国内外から高い評価を得ています。
難易度の高い英語論文の添削には、当然の事ながら高いレベルの英語力が必要になりますが、英語力においての国際資格を持つスタッフが、適切、簡潔しかし細心な添削作業で世界へ送り出し、それが世界の様々な場で生かされているのです。
難しい論文が解説される英文添削があってこそ、国際的な政策も出来上がるのでしょう。

英文添削は英語だけでなく多分野の知識に長けたスタッフが行う

多方面にわたる分野の英文添削を手掛け、既に100万件近い添削実績を誇る機関では、医学、工学、生態学、生物学、農学、教育学、経済学、物理学など1000個以上に及ぶ専門分野に対応出来る専門チームが組まれ、スタッフ全員が高度な英語力を持つだけでなく、医師や博士号を取得している人がほとんどという、まさに国際的なエキスパートが顔を揃えています。
仮に自身の書いた論文が国際的な相応機関に受理される前には、一通りの英文添削作業を行って、それが自身の期待通りの文章になっているかを念入りに打ち合わせチェックを重ねます。
自分から英文添削を業者に申し込む
また、その論文を見た自身以外の人から、指摘や指導があって修正が必要になった時でも即対応、出来上がりも高品質に、最も早くて10時間未満で納品される可能性大です。
あるいはこの論文が世界的な舞台で発表される可能性がないとは言えません。
絶対に誤字脱字や間違った解釈があってはならないので、緊張を強いられる英文添削作業となるでしょう。