どうやって?標的型攻撃メール訓練のやりかた

2017年2月6日 | コメントは受け付けていません。

どうやって?標的型攻撃メール訓練のやりかた

標的型攻撃メール訓練には、業者にお願いすることだけでなく、自分たちが気を付けていればできることも数多くあります。
自分や企業を守るためにも、しっかりと学んでおきましょう。
まず、当たり前ですが、件名や内容が不自然なあやしいメールは、たとえ興味のある件名でも絶対に開いてはいけません。
もし、メールを開いてしまった場合、メールに記載されているURLや添付ファイルは絶対に開かないようにしましょう。
これらをクリックしてしまうことで、あなたやあなたの勤めている企業の大切な情報がだまし取られてしまうのです。
また、企業の中でもこのようなメールを開いてはいけない、ということを社員教育の中で徹底的に周知させるとよいです。
また、普通の迷惑メール対策を行うだけでも標的型攻撃メールの対策に一定の効果があるといわれています。
そこまでして、まだ不安が残るという場合は、標的型攻撃メール訓練の専門業者に頼るのもおすすめの方法です。
自分の大切な情報を守るためにもできることはすべてしておきたいですよね。